『五行説』とは

 

東洋医学の思想の一つ「五行説」世の中のものをなんでも5つに分けるという考え方があります。

 

この考え方は、東洋医学の基礎になる考え方でその人の症状を診るときの判断の基準にもなりますし、その人に合う食べ物などにも繋がってきます。

 

5つの性質の

「木、火、土、金、水」に分けられ、

 

木には曲直(きょくちょく)、条達(じょうたつ)という植物が成長するようすを表す性質をもっています。

火には炎上という火が燃えて熱を出すようすを表す性質をもっています。

土には稼穡(かしょく)という土がもつ万物を育て保護するようすを表しています。

金には従革(じゅうかく)という金属のような頑固さをもち従順でいるようすを表しています。

水には潤下という水の持つ冷たさや潤すという意味での栄養などを表しています。

 

 

この関係性が下の図のように

 

相生関係相克関係になります。

 

相生関係は、

この図での外側にある関係性で、木を燃やすと火が生まれ、火が燃えた後には土になり、土の中には金属がうまれ、その金属に水(水滴)がつき、その水で木ができるという関係性を持っています。

 

複雑ですが、

木は火の母でありながら、木は水の子どもという関係性になります。

 

 

 

相克関係は、

内側の星を描くような矢印になります。この関係で表しているものは、木は土に対しては克す(倒す)働きを持っています。木は土に生えることで浸食します。逆に、木は金属に弱く生えている木に斧(金属)できることができます。

 

 

このように相生関係と相克関係は5つのものが分かれているのに対して、その5つがそれぞれ関係性を持っている様子を表しています。

 

 

 

出来るだけ分かりやすく説明しましたがいかがでしたでしょうか💦

最初にも書きましたが、「五行説」は東洋医学で基礎にになる考えなのでとても大事で、これを知っているのと知っていないのでは、東洋医学の考えの呑み込みが段違いなんです。

なんでも当てはまるし、なんでも考えられるので面白いんです。

 

 

 

五行の考えの面白さを記事にして、皆に「東洋医学って面白いな!」って思ってもらえるのが目標!✨✨

 

 

鍼灸マッサージ治療院グリュック

yuto

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス

営業時間

平日:11:00~21:00 (最終受付19:00)

土曜:10:00~20:00 (最終受付18:00)

休業日:日曜、祝日

※日曜、祝日、時間外受付はご相談とさせていただきます。
PAGE TOP