五歌 -妄想東洋医学 –

 

五行説を現代風に解釈してみた

 

納得のいくできです☺️☺️☺️

 

すぐにでも結果をお話したいですが、

まず、五行学説の話を少しだけ理解してから本題に入りましょう。

分かってからの方が面白いですので!

 

 

 

 

はじめに、

五行説という世の中のものを5つに分ける考え方があります。

(五行説の記事はこちら

 

 

 

五臓六腑ってご存知でしょうか?

この五臓六腑という単語を聞いたことがない若者を良く目にします。

 

 

 

五臓六腑とはそもそも内臓の総称であり、

五臓という肝、心、脾、肺、腎の5つと、

六腑という胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦の6つをさします。

 

 

 

「肝と胆」のようにいろいろな関係性があり、

その五臓六腑が病んでいる時に起こりやすい感情の変化や、味の好み肌の色の変化などもあります。

 

……。

ちょっと分かりにくくなってきましたね。。

 

 

例えば、

分かりやすいところでいうと

五臓が嫌う外気ということで

「風、暑、湿、燥、寒」

(肝と風は関係が深い。など)

 

五臓の変調の際の感情

「怒、喜、思、憂(悲)、恐(驚)」

(心と喜は関係が深い。など)

 

 

変調した時に好む味

「酸(すっぱい)、苦(にがい)、甘(あまーーーーーい)、辛(からい)、鹹(しおからい)」

(肺と辛は関係が深い。など)

 

 

というようにまだまだ多くの関係性があります。

 

 

 

 

この理論でいくと

五臓が変調した時にも聞きたくなる音楽があるはずだ!

 

 

。。。

。。。

3時間ずっと考えました。

 

結果としてはこちら






木「湘南乃風」

火「サザンオールスターズ」

土「西野カナ」

金「鬼束ちひろ」

水「北島三郎、吉幾三」

 

 

 

 

 

理由はこちら






 

湘南乃風は五行の性質の中でも、

名前にも(五気)が入っていますし、

ライブの時はタオルを振り回して風を起こす

ということでに関係する『木』

 

 

 

 

サザンオールスターズと言えば、

夏(五季)の代名詞ということで『火』

 

 

 

 

西野カナと言えば、

女性が共感する歌詞が多く、

「土」に属する経絡には太陰脾経という

子宮周りに関係が深い経絡があるので『土』

何より女の子は甘いものが大好き(五味)

「思(五情)」歌が多いのも『土』の性質として頷ける。

 

 

 

 

鬼束ちひろは

ピンとこない人が多い部類ですが、

歌詞を聞くと結構悲しい(五情)曲が多く感情という部分で『金』

 

 

 

 

北島三郎さん、吉幾三さんは

シンプルに生命の源の腎が属しており、

老化現象という形で起こります。

 

私の恩師の年配先生はカラオケで吉幾三歌ってたから間違いないです。

 

 

 

 

 


 

 

みなさんの聴いている音楽はどういう系統でしたか?

 

もしかしたらそのアーティストや曲に関係する臓腑が疲れているのかもしれませんね。。

 

信じるか信じないかはあなた次第!!

 

 

鍼灸マッサージ治療院グリュック

yuto🍀

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス

営業時間

平日:11:00~21:00 (最終受付19:00)

土曜:10:00~20:00 (最終受付18:00)

休業日:日曜、祝日

※日曜、祝日、時間外受付はご相談とさせていただきます。
PAGE TOP