冷え・腰痛・お腹の症状におすすめ!!塩灸!-塩の東洋医学的考え方-

 

こんにちは!

鍼灸マッサージ治療院グリュックの

Ryomaです!

 

 

 

寒い時期は、お灸の治療をよくします。

お灸はもぐさを燃やしてからだに熱を与えることだけでなく、

食材や薬味の上にもぐさをのせてお灸をする治療方法があります。

 

温熱の刺激と食材のが乳清分による作用等を期待する方法です

 

この、物の上にお灸をする方法を、

『「隔物灸(かくぶつきゅう)』と言います。

 

『「隔物灸(かくぶつきゅう)』でもっとも使われる食材は、

・しょうが

・にんいく

・みそ

・しお

です。

 

今回は、当院でも行っている『塩灸』について記事にします。


 

グリュックの塩灸

 

肌の上に紙などを置き、その上に塩ともぐさを置く方法がもっとも一般的だと思います。

↓こんなふうに↓

 

 

 

グリュックでは、

院長の友人様が作った竹筒を使った塩灸を行っています。

 

このなかに

 

 

 

塩とお灸を入れて温めます。

自分の手は竹があり厚くないし、竹の大きさ分の熱をからだに与えられます!持ちやすいし操作も楽!!!

 

 

裏はこんな感じ、

 

新しく張りなおすとこんな感じ。

 

ゆっくり大きい範囲をこちらで動かしながら熱刺激を入れられるので、塩とお灸の効果を最大限活かせます!!

 

皆さまも「心地よい温かさでからだ全身がポカポカする」とよろこんでくれています!

院長のご友人様とても使いやすい竹筒灸グッズを作っていただきありがとうござました!

 

 

 

さて、

次に『塩』についての西洋医学的、東洋医学的考えについて説明しますね。


 

『塩』の西洋医学的考え

 

 

ヒトの体内に流れる水分には0.9%の濃度の『塩』が含まれています。(わかりやすいところでいうと、汗をなめたらしょっぱい→塩が含まれている!)

 

ですから、塩はからだにとって必要なものなのです。

現在、食塩は安価で購入できますが、

工場で生成されたものは、自然のものではなく化学成分(塩化ナトリウム)のものがほとんどです。

やはり、自然な塩の岩塩や海塩を摂ることを勧めます。

 

自然の塩は、ミネラル(カリウムやマグネシウムなど)が含まれており健康に良いと考えられます。

 

生物は全て海から誕生していますから、比較的海のものはからだによいのです。

 

 

 

今、日本では『減塩をしましょう!』を勧められています。しかし、本当は『化学成分の摂取量を減らそう!』と言うことなのです!

つまり、

食塩水は化学成分。減塩(減化学成分)よりも自然塩をつかって、適切な量を摂ることが大事ということです!

 

 


 

『塩』の東洋医学的考え

 

 

 

『塩』は古来から生命維持には欠かせない食材とされ、食事として体内に入れ栄養を摂ったり、塩でからだを洗って浄化したりなどと重宝されていました。

 

東洋医学的に『塩』は、からだを冷やす作用、固まりを軟らかくする作用、解毒作用 浄化作用、清熱涼血作用などがあります。

 

塩の味『しおからい』は、東洋医学の五行学説の『五味(ごみ)』の『鹹(しん)』に分類されます。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-+

五行学説:宇宙に存在する全てのものを『木・火・土・金・水』に分類する考え

五臓:からだの働きである根本の内臓を5つに分類したもの『肝・心・脾・肺・腎』(かん・しん・ひ・はい・じん)

五味:味を5つに分類したもの。『酸・苦・甘・辛・鹹』(さん・く・かん・しん・かん)

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-+

『鹹』は、五臓では『腎』と最も深い関係があります。

 

『腎』は、『水を主る』とされ、

からだの水分を製造したり流したりする性質があり、

『鹹』すなわち『塩』は、水分を引き寄せることや水を吸収することで、腎を補っています。

 

 

『腎』は他の臓器よりも少し硬い状態が正常とされています。

ですので、『腎』は硬くなる性質を持っています。

『塩』は、ものを軟らかくする作用がありますから(野菜に塩をふるとしなっとなるイメージ)、腎が硬くなり過ぎないように調整をしてくれます。

 

腎の働きがわるくなると、からだの水分が減るため骨髄液や関節液などに影響を受け、腰の痛みや膝の痛みに繋がります。

 

 

このような症状を起こさないように、しっかりと腎を休めることや『鹹』の力を使い補ってあげる必要があります。

そこで、食事として天然のお塩を摂ることや治療として『塩灸』を行うと良いとされています。

 

 


 

 

いかがでしたでしょうか。

少し難しい話になってしまいましたが、

難しいことは考えず、

古来よりお腹に塩灸をすると、腹痛、便秘、下痢、胃腸炎、四肢の冷えに効果があると言われていますから、

その考えに沿って、「昔から言い伝えられていのであれば、効果があるんだな~」と思って塩灸を受けてみてください!

 

 

 

腰、膝、お腹の症状、むくみ、自律神経の調整など様々な症状におすすめの治療法です。

『塩灸』は、ゆっくりとからだを温めていきますから背中とお腹に『塩灸』をするだけで、全身ぽかぽかしてきますよ♪

 

この季節には最適ですね♪ 

 

冷え症、寒い季節が苦手な方、おからだの悩みがある方。ぜひ当院に相談しにいらしてください!

 

 

皆様のご来院心よりお待ちしております✨✨

 

 

鍼灸マッサージ治療院グリュック

Ryoma

 

 


 

お知らせ

 

今グリュックでは、

【Fallキャンペーン】【初回限定キャンペーン】

2つ並行してキャンペーンを行っております!

 

どちらもお得な治療が行えます。

あなたの悩みに合ったコースがありましたら、

この機会にぜひ治療を受けてみてください!

 

Fallキャンペーン

[1]

『シミそばかす、小じわ、乾燥対策コース』

  全身美容鍼灸+フェイシャルマッサージ 

 60分 ¥7,000(税込¥7,560)

 

[2]  

 

『冬に向けてのからだ造り おまかせ3回コース』

【秋の3回治療 鍼灸コース】

 60分 / ¥6500

 60分 / ¥4,500×3回=¥13,500(税込14,580)

 

【秋の3回治療 鍼灸+ポイントオイルマッサージコース】

 90分 / ¥12,000

 90分 / ¥10,000×3回=¥30,000(税込32,400)

 

[3]

【大感謝祭企画!ジャンケン大会!】

1コインでプレゼントゲット!

 

秋のキャンペーンコースの詳しくは↓

Fallキャンペーン Phase2のお知らせ

 


 

【初回限定】鍼灸治療コース

60/4,320(税込) 

 

 

【初回限定】

ポイント鍼灸マッサージコース

60/5,400(税込)

 

どちらも11月末日まで!

 

初回限定記事キャンペーンコース詳しく↓

初回限定メニュー-鍼灸へ対しての不安Q&A-

 

 

 

◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆

 

施術メニューの内容の詳しくは こちら

 

ネット予約は こちら

 

お電話、
メールからもご予約お問い合わせができます。

 

TEL03-6441-0057

 

mail(hrsharikyu6318@gmail.com)

 

受付時間(11:00~19:00)

 

住所 東京都港区赤坂3丁目21-5 三銀ビル106

 

◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆◇ ◆◇◆

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス

営業時間

平日:11:00~21:00 (最終受付19:00)

土曜:10:00~20:00 (最終受付18:00)

休業日:日曜、祝日

※日曜、祝日、時間外受付はご相談とさせていただきます。
PAGE TOP